施術内容や予算に効果などを比較して自分に合う施術を選ぼう

未成年でも施術可能

エステティシャン

未成年が施術を受ける際のポイント

水の森美容外科では16歳以上であれば未成年であっても、美容整形を受けることができるクリニックとなっています。ただ、未成年の場合は親権者の同意書が無ければ施術を受けることができないので、その点は注意しておきたいポイントです。未成年に美容整形を行っている美容外科クリニックの中には、同意書があれば施術OKという所も多いようですが、水の森美容外科はカウンセリング時に親権者の同伴をおすすめしています。美容整形はメリットばかりでなく施術を受けることで起こるリスクもありますし、また健康保険が適用されないので費用も決して安いとは言えません。大人でも美容整形を受ける際は様々な不安を感じますので、未成年となるとさらに大きな不安を感じるのではないでしょうか。カウンセリングに親権者と同伴することで1人ではなく、母親や父親と一緒にドクターからの説明が受けられるので、より不安を取り除いた上で美容整形に挑めます。ただ、この時に注意したいのが成人している兄や姉、さらに祖母や祖父は親権者には該当しないという点です。親権者というのは父親・母親と未成年者に対して戸籍上の親権を持っている方のことなので、兄や姉、祖父母は該当しないのです。もし両親が他界していて他の方に親権が変更となっている場合は、受付カウンセラーに伝えておくと良いでしょう。

水の森美容外科では16歳から19歳の未成年でも美容整形を受けることができますが、中でも未成年に人気なのが埋没法というプチ整形です。埋没法は二重形成術の1つでメスを一切使わず、医療用の糸と針を使い二重のラインを作るという施術法となっています。未成年だと顔にメスを入れるような大きな手術は身体的、精神的にもダメージが大きいですが、埋没法であれば比較的安心して施術を受けられるとして人気です。埋没法はメスを使わないプチ整形というだけでなく、術後のダウンタイム期間が短い点からも未成年に選ばれています。術後2日から3日ほどは泣きはらした時のようにまぶたが腫れてしまいますが、美容整形を受けたと誰しもが思うような強い腫れは起こりません。腫れてしまう症状も術後、約1週間ほどで落ち着いてくるので負担が軽い方法を選びたいという人に、埋没法はおすすめです。また金額も比較的リーズナブルなのも未成年に選ばれている理由の1つで、水の森美容外科で埋没法を受けた場合、最も安いプランであれば両目に施術を行う場合で59,900円となっています。あまり高額な費用を支払えないというケースが大半ですから、5万円台で施術を受けられる埋没法は未成年でもチャレンジしやすい美容整形と言えるでしょう。

Copyright© 2020 施術内容や予算に効果などを比較して自分に合う施術を選ぼう All Rights Reserved.